読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご報告いくつか

事後報告になりますが、「空転劇場vol.11」にて目黒陽介くんとMCを担当いたしました。

f:id:keisukeyuki:20170326230500j:plain

写真は公式より拝借。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

そして、告知コーナーでお伝えしましたが、空転劇場主催の小林智裕さん率いる「空転軌道」メンバーとして、来月ベルギーはイーペルで開催されるフェスティバルに出演いたします。思ってもみない流れで、いろいろと慌ただしくもありますが、楽しんでこようと思います。


またまた、今年もまちくるパフォーマーズ仙台のライセンス取得審査会が開催されます。5/27,28の二日間、シリウス前にて公開審査です。審査会は、多くの芸人のパフォーマンスをいいとこ取りで見られるまたとない機会でもあります。こちらはぜひお気軽にお越しくださいませ。

machi-kuru.com

 

 

 

 

w-aspara.com

 

続いてだしぬけに貼り付けたこちらは、空転劇場vol.11翌日に開催された関東ジャグリング交流会のゲストパフォーマーでもあった「ホワイトアスパラガス」のホームページ。昨年のEJCでのパフォーマンス映像が話題となったユニットですが、新作も興味深く、多くの人にリーチしながらジャンル表現の更新があり、注目せざるを得ない作品になっていました。特に、戦隊モノのパロディと思しきセリフをためらいがちにコールしながら二人が複雑、かつバカバカしく絡むパフォーマンスの新味には引っかかり続けるものがあります。いわばコントのような体裁にもなっているのですが、ジャグリングやアクロバットというジャンルに立脚しながら、このような表現がなされていることに、清々しい風通しの良さが感じられます。ふたりのやり取りは、意識的にもつれ、半端なまま進んでいくのですが、このどっちつかずの曖昧さに、ジャグリングやアクロバットというありかたを全く別の位置から見直す必要が生まれているかのようです。解答というより、新たな問として投げかけられるパフォーマンス。しかしその問いかけの振る舞いはあくまでも飄々としています。

そういえば、彼らを見たあと、劇団どくんごでのちゃあくんの番組を思い出しました。ふたりにもいつかどくんごを見てほしいなあ。