読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇団どくんごといらっしゃいパーティー

本題の前に、先日山形大学で行われました「WJD in Tohoku」、盛会のうちに無事終了しました。東北各県はもちろん、中越、関東、関西からも参加された方がいらして、企画者冥利に尽きる思いです。現地の運営担当である山形大学ジャグリングサークルの皆さんのスムーズな進行もあって、よい催しであったのではと満足しているところでした。
ゲストの天平さんとは、ゆっくりお会いするのがたいそう久しぶりのことで、イベントの前後に打ち合わせと称して放談できたのも得難い時間でした。多忙の折、快くこのイベントに出演してくださった天平さんに改めて御礼を。



※イベントのフィナーレ。全体の様子は後々運営から!







さて、今日の本題に移りますと、こちらも以前お知らせしておいたものですが、飽きずに繰り返しますと、今年もまた、仙台に劇団どくんごがやってきます。
芸人の端くれとして、どくんごがこうして「今年もまた」やってくることの飄々とした重みを感じられるようになって、まだ三年目ではありますが、今年は少しばかり現地公演にあたってのお手伝いもさせてもらうことになりました。

すべてのライヴパフォーマンスには「今」ここで起きていることの瞬間の熱を尊ぶことがありますが、同時に、どくんごの演劇には「今年もまた」行われることのうちに、季節の記憶、無名の旅芸人たちの足取りの軌跡が呼び起こされるように感じます。決して今この瞬間のみが尊いのではなく、ありれふた1年前、3年前、150年前、明日、5年後、30年後の時間の手触りが、彼らの犬小屋テントで感じられる、というとやや大げさですが、演劇などに縁遠い私が敷居をまたいで関わる理由の一つはおそらくその手触りにほかならないだろうと、ぼんやり思っていました。

そしてそして、仙台では「いらっしゃいパーティー」として在仙の劇団や踊り手たちが犬小屋テントを間借りしてパフォーマンスを行います。私も名前を連ねていますが、今回は初のユニット。名前をつけるのにモタついて、チラシなどではひどく散文的なユニット名になっていますが、トランペッターの南部大地と『マヤマ』としてパフォーマンスします。現在鋭意稽古中でありまして、互いに、普段できないことを存分に楽しんでおります。乞うご期待。









どくんごいらっしゃいパーティー
日時
7月10日
18:00開場 18:30開演

場所
西公園(お花見広場)特設"犬小屋"テント劇場

料金
入場料500円(1ドリンク付き)


出演

西瓜
和風レトロ
短距離男道ミサイル
伊藤文恵×藤川みちる×藤田翔×村岡加奈
結城敬介と南部大地 (マヤマ)




劇団どくんご公演第28番「OUF!」THE NAKED DOG TOUR 2014 仙台公演
日時
7月11(金)12(土)13(日) 
毎夕19:00開演(18:30開場)

場所
西公園(お花見広場)特設“犬小屋”テント劇場

料金
前売・予約:2,500円
当日:3,000円
中高生:1,300円
小学生:500円


チケット取扱い
せんだい演劇工房10-BOX
BOOK OFF 火星の庭

チケットぴあ:Pコード 436 - 401
ローソンチケット:Lコード 27250


電話予約・仙台公演問い合わせ

022-294-3055(アベ・ミナガワ)


劇団どくんご問い合わせ

電話:090-8568-5411
メール:info@dokungo.com
HP:http://www.dokungo.com/
ブログ:http://blog.dokungo.com/