癖にふりまわされる

ホームページ新調に当たって、ブログのデザインも変えてみた。はてなブログは公式テーマのほか、ユーザー投稿のテーマを選ぶことができる。なにをどう選んだって実際のところ、そう変わりはしないけれど、漠然と気持ちのわるい思いはしたくない。なんとなくでいいから、しっくりくるものを探す。

写真はめったに投稿しないので、写真映えがするようなテーマにはさしあたって用事がない。次に、書かれた文章がドンとセンターを占領しているもの、これはいけない。たかが雑文がディスプレイの多くを埋めるのが気に食わない。そして、検索性が低いのもダメだ。最近の記事、アーカイブ、その他キーワード検索にスムーズに移行できないと、ストレスを感じる。となれば2カラムのデザインが選ばれる。あとは、文字のポイントがいくぶん小さいもの。視認性より、文字が大きいことからくる野暮ったさのほうが気になる。そこで選ばれたのが、essayというテーマだ。上記の条件を満たし、またベースが白ではないのも面白そうに思ったのだが、本文が右側に表示されているのは引っかかる。プレビューで何度も確かめ、いたずらに上下にスクロールし、自分の中の違和感と照合する。左詰めで書かれる文章が、右側のブロックに収まること…どうにもすっきりしない。

映画館に入るとき、よほどのことがない限りは左側に座る。中央より前方を選ぶこととセットになっているが、縦の距離よりは横の位置が重要である。大道芸のときも、環境が許す限り、音響機器は左側に設置する。これらはジンクスや験担ぎの類でなく、ただ個人の癖にすぎない。たかが癖、されど癖で、癖は侮れない。映画を見ることや大道芸を行うことがこのとき、癖に乗っ取られている。癖が私をスムーズに動かす。

しかし、と思い直したのは、こうしてリニューアルするのだから、あえて違和感を残してみるのもいいかもしれない、ちょっと違った書き物ができるかもと気まぐれがよぎった。まあいいか、とインストールする。ひとつ記事を更新する…違和感に耐えられず別のテーマをインストールしなおした。

 

だが結局は些事も些事。左だ右だということに取り付かれるのは、いかにも生物として弱いという感じがしてしまう。こんなもの、どうだっていい、とにかくガツガツやるんだよ、という人のほうがどう考えてもたくましい。たくましいから良いわけではないが、最低限のたくましさは身につけたほうがいいのではないか。じゃあまずはブログの本文を右側表示に戻すところから、となればさすがにバカである。むろんバカでもいいのだが、そのバカさ加減は今のところ必要だと思われない。しかるべきときにたくましくあり、思いがけないときにバカであることを恥じないこと、要はバランスだと何ひとつ面白くない結論に着地する。

それでもバランスを逸してしまうから、想像上のつまらない理想を設定して安心しておく。要はバランスだ、と何もない道路の上で躓いて傾いた体の軸と乱れた歩行のリズムを立て直しながら、誰にともなくつぶやく。額から汗が流れる、拭う。すぐに忘れようとして、事実次の信号あたりで躓いたことなど忘れる。いつものではないドトールに入って、アイスコーヒーを頼んだら、空いているソファを探して一口コーヒーを啜ったらPCを開いてfreewifiに繋ぐ。イヤホンを差し込み、BGMを決めたらてきとうにSNSを眺めてから、この文章を書くのだった。

ホームページ更新

www.keisukeyuki.com

 

ホームページをリニューアルしました。これからもご愛顧くださいの一言につきます。

 

 

こうした作業も片付きつつあり、閑散期のゆったりモードも手伝って、映画を観たり本を読んだりするリズムが帰ってきました。しばらくぶりにレンタルショップでまとめてDVDを借りてきて、見落としていた新作群を何本か観るなか、際立っていたのはしかし旧作。1956年公開のバット・ベティカー『七人の無頼漢』です。80分に満たない西部劇ですが、各シークエンスの圧縮された演出は、ついに決闘のシーンで"主人公が銃を抜くさまを見せない"という大胆な省略に結実します。それだけではなく、岩の間を這いながら敵と撃ち合う場面や、雨のなか馬車の車体の下で眠る身振りなど、特異なアクションも眼を引かれます。無駄のない進行のうちに、平準化されない身体の動きが画面を魅力的にします。また、反復的に現れるコーヒーを飲むシーンなども、全体の流れのうちにリズムを刻んで妙に忘れがたいのです。

 

などと話し始めれば例によってキリがありません。
ひとまず今日はここまで。

20200124 昨日・今日・明日

日々地道に作業と稽古。冬場は先々を憂う心持ちに苛まれるけれど、タリーズドトールで音楽を聞きながらPCで雑務に励んでいると、案外悪い気分はしないものです。ギアはローで滑り出し 気がつけばハイに入ってる と堀込高樹も歌っているとおりです。

 

 

ところで長谷川白紙、という音楽家がいらして、私は彼の音楽がさっぱりだったのですが、不思議とさっぱりにとどまらずの抵抗感まで生じているので、昨日ストリーミング中継されていたSUPER DOMMUNEの「ドミューにに」を視聴しようと意を決して画面の前に鎮座(おおよそは寝そべっていましたが)し、眺めていたが、やはりよくわからない。

 

が、わからない、というのにも質の差があって、言葉にしづらいが、これは向き合うべきわからなさだと踏んで、趣味とか経験則を外して–––逆に言えば自分の経験を盾にしている感触があったので–––わからないなりに駒を打っておくかと思ったのです。

 

わからないなりに自分の中に布石を置くのはとても大事なことで、それはいつの日か、自分でも知らないうちに、しかるべき局面で効いてくるもので、早い話が、寝て起きたら、早速聴けるようになった。『エアにに』面白いですね。

 

抵抗があったり、とくに関心がないものがフッとなにかの拍子でわかってしまうようになる。人生において面白いことのひとつです。今年はすでに、嵐の「Love So Sweet」がとんでもない名曲だということにも気づきました。リリースから何年経っているんだ。

 

自分自身でこんな感情があることに驚いたのですが、白紙さんの音楽に関してはどこか"年下の作家が作ったもの"と斜に構えてまともに向き合っていなかったのが強いと思います。知的で、才気あふれる新世代、という存在に、みにくい嫉妬を感じていたのでしょう。他ならない自分自身が10代から活動していて、世代差や年齢を持ち出されることに死ぬほど嫌悪感を持っていながら、それを他人に向けているのだから、せこいにも程がある。ちょっとこれは早いうちに芽を摘んでおきたい。

 

 

他方、なにげなく漫画家の川勝徳重さんの「電話・睡眠・音楽」をウェブで読んでいたら、これも当時はそこまでピンとこなかったのに、今読んだら土地勘ができたからか、すげーおもしろかった。漫画っていいなと思わされます。

to-ti.in

 

そんな川勝さんのTwitterを眺めてたらかわいい絵がたくさん見られて眼福なのだけど、足を伸ばしてノートを眺めてたら、こんな文言が。

 

 

note.com

 

あまり日本ではこの戦前のころの時代にノスタルジーを感じる、魅力を感じるような感覚はウケませんね。永美太郎さんのマンガ『エコール・ド・プラトーン』も文豪、というフックのみでウケてる感じがします。私は1920年代の人が動いて青春してるだけで十分に楽しいのですが。夢とロマンがありますよ。

 

 

いやほんとそれ!とこんなにも膝を打ちたくなるセリフをいま読めるとは。
しかし自分自身もその趣味から離れてずいぶんになるけど、「夢とロマン」を最も感じる時代であったことには違いありません。続いてシャンソンの話題もあり、ブラッサンスはしっかり聞かずじまいだったけど、パフォーマンスにも使ったブレルに、あとはバルバラ、そしてイブ・モンタンの、フランス語の発音の美しさを楽しむ時期が、確かにありました。『エコール・ド・プラトーン』読まねば。いや、そんで今聴いてるモンタンのいいことったらない。

 

 

すぐ非公開に、といいつつ今もってアップされているこちら。
なんだこれ!すっごい好きだ。光と影から卵の白身と黄身(とそれを吸い込む流し口)、ポメラニアンの瞳の変化と、白/黒の主題が話の軽妙さ(でもないか。犬泥棒が恐ろしくて犬がいたときは、一度も目を離したことがなかった)の陰で幾重にも折り重なって実に豊か。

note.com

 

 

明日、日付変わったので今日だ。
空転で新ネタ含むステージ と、そのあとは仙台の友人たちが上京するので酒席。直感を頼りに店を選ぶそうなので、楽しみである。

20200110 新年おめでとうございます

表題のとおりです。遅ればせながら...

それにしても気色の悪い数字の並びじゃないですか「20200110」ってなんなの。

 

年が明けてからは大道芸に稽古に資料作りにと、映画や本にエネルギーを向ける余地がほぼなく、空いた時間はぼやっとするか趣味の書きもの(オフラインでの書きものもしているんですね、これが)に力を向ける程度でした。オフィシャル...というかパブリックというか、外に向けるリソースがバカみたいに早く限界を迎えるので、10日も過ぎてからの新年のご挨拶と相成りました。旧年中はお世話になりました。本年もよろしくお願い致します。

 

それにしても書くことがなにもない。だいたい、何か見聞きしたことがないと、途端にキーボードを叩くリズムがのろのろとしてしまう。日々のあれこれなど、本当にめったに書く気がしないし、ここ一週間なにかあったかな...と記憶を手繰っても「無」に囲まれるだけです。

 

そんな性分だからか、たまに人の日記を読みたくなるものです。古くは荷風散人『断腸亭日乗』(東京、それも荷風の行動範囲と重なるエリアに移ってきたのだから川本三郎荷風と東京–– 「断腸亭日乗」 私注』と合わせて読みたいですね)や、安定の川上弘美『東京日記』に、普段の画風と違ってゆるめの絵日記が愛らしい山口晃『すゞしろ日記』、とある編集者が推薦していたきっかけで読んだ、壇蜜壇蜜日記』(いつの間にやら4巻目を数えていた)も、格式高く面白いです。ウェブ上のものでは、ちょうど一年前にも書いた、唐木元さんの日記が好きですね。

 


最近おもしろいのはこちら。「・・・・・・・・・」運営陣がサポートする「RAY」のメンバー内山さんの日記。気取った表現があるわけでもなく、綴られているのはありきたりな"日常"なのですが、一行か二行ごと端的に描写される一日のワンシーンの連なりの余白に、ちょっとした想念や回想がインサートされるとき、ごくちいさく弾むようにして日々の時間にアクセントがついて心地よい。平坦にみえる毎日の肌理を感じる瞬間です。特に結論めいた何かがあるわけでもない、それこそ文章をただ読む快さを味わえる、いい日記です。

lineblog.me

 

では自分が日記をやるか、というと先述の通り、特にやる気はしないのでして。
しかしまあ、試みに今日の一日を記して、お別れにしましょう。では、また。

 

 

 

2020年1月10日(金) 晴

 

AM9:30 起床。排泄して線香をあげ、バナナとみかんを朝食に採る。みかんはひどく不出来で味がしないばかりか種まで入っていた。バナナも下のほうがグジュグジュである。

 

AM10:00 午後からの大道芸に備えて支度。今年から始めた大道芸のメモを振り返って、今日試すことをリストアップ。といってもひとつだけである。観客に近づいてもらうためのきっかけのポイントをズラすこと。iPadの充電も忘れてはならない。

 

AM11:30 今週は稽古続きで昼食が取れない日が多かったので、なんとしても食べるぞという意志で、2日くらい残っているマグロのアラを煮付けたやつをおかずに白飯。

 

PM12:29 地下鉄乗車。

 

PM12:50 上野公園五條天神社前に到着。道すがらのゴッホ展がとんでもない行列。これはと思い期待するが、こちらの人通りはさほどならず。いそいそと準備を終えて、さあいくぞとスタートをきったものの、たいへんにきびしい。のんびりとした昼下がりの公園。行く人の足はゆっくりとして、外国人観光客や学生はときおり立ち止まって写真を撮っている。しかしその目の前には、脳内で状況の高速処理をほどこしつつ、特にそれが有効にアウトプットされる様子もなく、いたずらに道具を高く放り投げるだけのジャグラーがいる。誰とも目が合わないな、と男は考えている。

 

PM16:30 修業を終え、帰宅。白菜と豚肉のミルフィーユ鍋を仕込む。

 

PM18:00 寺門ジモンの「取材拒否の店」をTVerで見ながらミルフィーユ鍋を食べる。取材拒否された店は店内外に至るまでモザイク処理を施され、手がかりはないかに思えるがそこはインターネット、ちょっと検索するとすぐにまとめ記事が見つかってしまう。
食べログにいくつかブックマークした。

 

PM 20:00 友人たちに、どうでもいいメッセージとそうでないメッセージを複数送る。

 

PM 21:00 映画のチケットを取る。

 

PM 22:30 ブログ編集画面を開いた。これを書き終えたら、本は読まずに適当な音楽を聴いて、と友人からメッセージの返信。Floating PointsのDJセットの音源がアップされていることについてであった。

活動予定 2020

ヘブンアーティスト活動は新型コロナウイルス感染拡大防止のため4/12まで活動不可となりました。あわせて、施設方針につき19日の活動もキャンセルとなります。
以降の活動については各所より続報があり次第更新いたします。

 


一般公開の活動予定です。詳細はリンクよりご確認ください。

予定は急遽変更・中止になることもございますので、ご了承ください。

 

ご依頼・お問い合わせはkeisukeyuki87@gmail.comまで

 

 

【4月】

4/1(水)

代々木公園  噴水池前 13:00~15:00 

4/3(金)

代々木公園  噴水池前 13:00~15:00 

4/4(土)

渋谷キャスト ガーデン 12:00~14:00

4/5(日)

渋谷キャスト ガーデン 14:00~16:00 

4/8(水) 

上野恩賜公園 パークサイドカフェ側 14:00~16:00

4/11(土)

上野恩賜公園 パークサイドカフェ側 11:00~13:00 

4/12(日) 

代々木公園  原宿門 11:00~13:00

4/18(土)

上野恩賜公園 下町風俗資料館前 13:00~15:00 

4/19(日)

飯田橋セントラルプラザ みやこ橋 14:00~16:00

4/25(土)

赤塚公園 競技場前 12:00~15:00

4/26(日)

赤塚公園 競技場前 12:00~15:00 

4/29(水)

代々木公園  原宿門 12:00~14:00 

【3月】

3/1(日)

上野恩賜公園 蛙噴水 11:00~12:00
代々木公園 原宿門 14:00~16:00

3/7(土)

上野恩賜公園 すり鉢山 14:00~16:00 

3/8(日)

代々木公園  原宿門 13:00~15:00 

3/14(土)

渋谷キャスト ガーデン 14:00~16:00 

3/15(日)

代々木公園 原宿門 12:00~14:00 

3/16(月)

上野恩賜公園 スターバックス側 12:00~14:00 

3/20(金)

隅田川テラス吾妻橋 13:00~15:00

3/21(土)

赤塚公園 競技場前 12:00~13:00,14:00~15:00

3/22(日)

赤塚公園 競技場前 12:00~13:00,14:00~15:00

3/24(火)

上野恩賜公園 パークサイドカフェ側 13:00~15:00 

3/25(水)

渋谷キャスト ガーデン 13:00~14:00 
渋谷キャスト 大階段 15:00~16:00 

3/26(木)

代々木公園 噴水池前 12:00~14:00 

3/28(土)

代々木公園 噴水池前 12:00~14:00 

3/29(日)

代々木公園 原宿門 13:00~15:00 

3/31(火)

光が丘公園 けやき広場 12:00~14:00 

 

【2月】

1日(土) 西武池袋本店 睡蓮の池前 13:00~15:00

2日(日) 上野恩賜公園 五條天神前 14:00~16:00

8日(土) 光が丘公園 けやき広場 12:00~13:00,15:00~16:00

11日(祝火) 西武池袋本店 睡蓮の池前 13:00~15:00

15日(土)光が丘公園 けやき広場 13:00~15:00

23日(日) 代々木公園 原宿門 11:00~13:00

24日(祝月) 光が丘公園 けやき広場 13:00~14:00,15:00~16:00

26日(水) 上野恩賜公園 五條天神前 13:00~15:00

28日(金) 上野恩賜公園 すり鉢山 14:00~16:00

 

【1月】 

2日(祝木) 亀戸2020 スポーツ灯籠ライトアップ&お正月大道芸

4日(土) 光が丘公園 けやき広場 13:00~15:00

10日(金) 上野恩賜公園 五條天神前 13:00~15:00

12日(日) 代々木公園 原宿門 12:00~14:00

13日(祝月) ヘブンアーティスト in 渋谷 ※空転軌道

18日(土) 上野恩賜公園 蛙噴水前 11:00~13:00

19日(日) 代々木公園 原宿門 12:00~14:00

25日(土) 新宿子ども劇場「音と空間のジャグリング」※空転軌道

26日(日) 代々木公園 原宿門 12:00~14:00

20191225 ショーを変えた日の夜に

メリー・クリスマス。あるいはハッピー・ホリデー。数少ない読者の皆様に置かれましては、いかがお過ごしでしょうか。

 

私はといえばヒカペこと光のページェントにて、13,14,15日、さらに19,20、一日空いて22,23,24日とパフォーマンス中です。4年目を迎えたヒカペでの大道芸、毎日毎日いろいろなパフォーマーが訪れては様々な足跡を残してゆく。刺激的で楽しく、そして概ね凍える時間を過ごしています。ひとのパフォーマンスを眺め、品評し、食事の席では芸人の笑い話でひと息。そんな具合です。つまるところ、楽しんでいます。

 

今日はショーを変えました。いつもながらマイナーチェンジを施しながらの1年でしたけども、大幅に変えたと言ってもいいでしょう。大枠のルーティンは残っていますが(それも変わるかもしれない)、受ける印象は相当に違っているはずです。毎日のように来てくれている大道芸ファンの方にも、その変化をしっかり受け取っていただいたようです。

 

友人が私を誰かに紹介するとき、「大道芸人」というのを、否定はしないまでも居心地の悪さを感じております。私が狭い意味での大道芸を本格的にスタートしたのは4年前に過ぎず、アイデンティティがそこにあるわけもありません。名刺の肩書どおり、私は「ジャグラー」です。大道芸人を名乗るには、未だに素人に毛が生えたようなレベルでしょう。大道芸のプロの方たちと話していると、環境や状況から引き出せる情報に、本当に大きな開きを感じます。

 

観客の方に、ファンの方に、同業者にお褒めの言葉をいただいていながら、やはり同じフィールドで"勝てる"要素がないという思いでしたし、タゴマル企画のような場での、十全に力を発揮できているような感覚は、この4年間、ほとんどなかったものです。専業で活動しながら、その態度でいいのか、と内なる批判はありましたし、かなり落ち込んだときは廃業が頭を掠めることもなくはなかった。

 

ともあれ、今日は不思議とこの4年の呪いを振り払ったなという実感があり、妙に嬉しくてキーボードを叩いているのです。4年間沈みっぱなしでもないし、ボンクラなりに知恵をつけてきたり折り合いをつけてきたり、そうしたものの総合として、今日のショーがありました。まあまあ、まだ2回しか演じてないので、よいものができたと判断するには性急ですが。でもいいか!と楽天的になれる程度には、自信の持てるショーになった気がします。気がする、というのはいかにも頼りなさそうに見えて、実は重要です。

 

私はなにか作ったとき、レファレンスを明らかにしたいタイプなのですが、大道芸のショーはかなり可変的ですし、作品というものでもありません。なので、いくつか要素はあるけども、芸を「盗んだ」ということにして、今回は置いておきましょう。

 

納得のいく仕事がなかなかできなかった今年、最後に一矢報いてやったという満足感が、期せずしてのクリスマス・プレゼントとなったようです。いい子にしておくものだ。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=dt3rVUthkXQ

www.youtube.com

 

20191211 マヤマの動画と2B退団について

 

先日の『第2回せんだいキッズジャグリングフェスティバル』からマヤマのショーをダイジェストでアップしました。ダイジェストっていうか早送りっていうか。

 

このパフォーマンスがマヤマのなかで再演頻度が最も高く、そもそも、そうしたカジュアルに再演することを狙って作ったアレなのですが、コレだけ呼び名がないのでして。稽古のときも「バラライカのやつ」とか「クラブのクラッカーのやつ」と言われてたいへん不憫ではあります。

 

 

 

 

 

 

 

blog.dokungo.com

 

常からこのブログでも言及している「劇団どくんご」は、来年から旅をお休み。に続く大きなニュースとして、看板俳優であった2Bさんが退団の報せ。
流動的な団員の中でも、2Bさんだけは長らくどくんごにいたし、これからも...と勝手に思い込んでいたので驚きではありました。

 

私がどくんごに通うようになったのは、テントの内外を自在にフレーミングする演出のキレ(近年は外使いに対して消極的な側面もありましたが)以外に、2Bさんのパフォーマンスが大きかったのでした。舞台の板を踏み鳴らす足の敏捷さ、番組のユーモアセンス、思わず耳に残る詩的な台詞、どれをとっても輝かしく、一時など、不思議と自分に2Bさんの足運びが乗り移っていた時期がありました。

 

もう見られなくなるには違いないが、止めるべきときに止める判断の確かさを疑わないので、さみしさはありません。しかし。

 

どくんごの2Bとして皆様の前に現れることはもうありませんが

 

と書かれてしまえば、やはり「2B」がこの世からいなくなってしまう、小さくない欠落を抱えなければならない気持ちになってしまう。確かにあの板の上で、天幕の下で「2B」が生きていた、と信じられるからこそ、逆説的に、「2B」の死をリアルに感じてしまう。さみしい、とか続けてほしい、というものではなく、やはりこれはひとつの確かな死であると受け止めたほうが、自分としては納得がいく。本人も含め、異論のあるところでしょうが、そんな心持ちです。

 

それにしても、周囲の感謝に紛れていきなり、もういなくなってしまう宣言がなされる、尋常ならざる退団報告ではなかろうか笑