ドッツトーキョーの季節

拙企画にもお越しいただいた、ドッツさんのファン=観測員=ドッチャーであるscarlet222さんが久々の記事更新。わたしは人文書も好きで読みますが、好きで読んでるだけなので基本のキも分からん程度で、ドゥルーズ研究の学徒である氏の論説に何かしっかりした読みをできたりはしないのですが...
毎回じつに楽しそうに書いているscarletさんの記事は、メタ的に対象へ大鉈を振るうのではなく、ドッツトーキョーから差し出された手紙を丁寧に惜しみつつ読むような、それを読んでる顔がニヤニヤとオタク顔になっているような...そのことがおそらく、門外漢にも読み物として届くものになっていると思います。


今回の記事は、前半部、コンセプト担当の古村さんのコメントから、全く自由にドッツトーキョーのコンセプトを読み替え、楽しむことを肯定し、後半部ではその実践と言わんばかりに、ラトゥールのアクターネットワーク理論を引きつつ近現代の「自然/社会」と仮構された対立を前景化し、さらにフランシス・ベーコンの"イドラ(idola)"へ遡り、この"イドラ"、すなわち"アイドル(idol)"こそが「自然/社会」という対立項が強化されていく過程で、排除されていったものだ、と言います。
加えて、ドッツトーキョーのメインコンセプトのひとつが"都市の幽霊"であることをもう一度思い出した上で、以下のセンテンスをご一読あれ。

アイドルとはまさに、近代から排除されながら絶えず回帰する幽霊であり、それゆえにアイドルやそれを受け入れる者たちを、自分が近代的で自立した主体であると思い込んでいたい者たちには、「不気味なもの」におもえるのではないだろうか 

 

scarlet222.hatenablog.com

 

あまりにキマっていて思わず笑ってしまったのですが、氏がブログを「ヲタ芸」と称することに倣うなら、さしずめイエッタイガーが決まったような爽快感がありませんか笑

イエッタイガーってなんじゃそれ、という世の98%くらい(もっと多い?)の方々に説明しますと、楽曲の盛り上がりの直前に生じる空隙にねじこまれる、楽曲にさらなる勢いをつけるが如きコールのことなのですが、見ればわかるでしょう。


dic.nicovideo.jp

 

アイドルがあらゆるジャンル(狭義には多様な音楽ジャンル、広義には音楽・演劇・映画・ファッション、などなど...)と結びつき、批評すら(アイドル自身が批評する主体というより、批評的言説を纏うメディアとして)テリトリーに含んでいく、ドッツさんの活動の高まり、あと一歩でクライマックスを迎えるだろうという空隙に挟まれたイエッタイガーとしてのブログ。

 

 

無論、クライマックスとはいっても、そこで完成するわけでも、動きが止まってしまうこともない。音楽がリフレインし、全く違う同じ高まりが、何度となく繰り返されるように、我々はその都度ドッツトーキョーと–––"Can You Feel The Change Of Seasons?"の歌詞を借りるなら–––出会い、出会い損ねたいと思うことでしょう。季節は変わるが、また巡るのです。

 

Tokyo Sentimental - EP

Tokyo Sentimental - EP

  • tipToe. & ・・・・・・・・・
  • J-Pop
  • ¥1000

tipToe.とのスプリットシングル。"Can You Feel The Change Of Seasons?"本当に良い曲で、大好きです。

 

 

ドッツさんにはコンセプト上、グループから脱退する「卒業」概念がありません。しかし、ふたりのメンバーさんが先日のワンマンライヴをもって、"・"としての活動を止められました。以降、"・"としておふたりのステージを見られることはないはずです。
私がドッツさんを初めて見たのは、ちょうど一年前。この一年で見られたのは、ごく限られた回数に過ぎませんが、それでも、ステージでの澄み切った躍動感と、MCなどでの気取らないパーソナリティーを、忘れられません。いくらかの寂しさがないといえば嘘になりますが、素晴らしいとしか言いようのないパフォーマンスの記憶が、これからも私と並走し続ける喜びが勝ります。2年間、本当にお疲れ様でした。

 

 

f:id:keisukeyuki:20180609154034j:plain

 

 

9月の予定

夏が、終わった...

というわけで9月の予定です。

 

 

1,2日 仙台大道芸 第三回まちくるカーニバル

1日 ユアテックスタジアム ベガルタ仙台ホームゲーム 17:30,21:00頃(試合終了後)

13日 NHKカルチャー ジャグリング入門


13~24日 仙台オクトーバーフェスト ※15,16,17,22,23,24日出演 うち15,16,22日はもんたさん、23,24日はぼたもち堂くんとご一緒


27日 NHKカルチャー ジャグリング入門

 

 

今月は、毎年恒例「まちくるカーニバル」があります。
宮城県内外から24組のパフォーマーが出演。

1日には、6月に閉館した仙台セントラルホールにて「まちくるパフォーマンス劇場」が開催。シルヴプレさん演出のスペシャルショーで、大道芸とはまた違った時間になるかと思います。

machi-kuru.com

 

 

 

 

仙台からどくんごが去っていきました。
二年ぶりの仙台公演ということもあり、いつもと全く違った距離感、ありていに言って関心の持ちようが変わってしまった期間を経てのどくんごでした。

どうなることやら、という気持ちでしたが、蓋を開けてみればいつものように文句を言い、心動かされてしまう。
演目のすべてが終わり、最後の演奏が始まるまで、幕が開け放たれて舞台が暗転している数十秒、通り過ぎる車(時には悪趣味に輝く大きな船!)、街頭に照らされる木、訝しげにこちらを覗き込む通行人、それらをただ眺め続けるこの時間を過ごすことの特別さ、芝居が終われば遠慮会釈なく感想を投げつけ、逆に、こちらのパフォーマンスにも忌憚ないコメントをもらうことの得難さ、すべてが私の血肉になっています。

どくんごのテントで流れる空気を必要とする人は、おそらくどこかにたくさんいるはずです。気に留まったなら、近くにやってきた機会を逃さないよう。

 

f:id:keisukeyuki:20180831205803j:image

 

劇団どくんごweb【旅するテント芝居】

8月の予定

観測史上最高気温を記録した仙台の夏、一時涼しげになったものの、平成最後を飾るにふさわしく、なかなか楽しんでいます。
湿度がないので、暑くとも快さが勝るときも。とはいえ、関東以西の暑さはまた想像を超えて尋常ならざるものなのでしょう。くれぐれもお体ご自愛ください。

 

さて予定。


2日 NHKカルチャー ジャグリング入門

6日 まちくるパフォーマーズ仙台  勾当台公園つなぎ横丁 (彦一団子さん・RYUさんとご一緒)

7日 いろは横丁 15:00,16:30

8日 いろは横丁 13:00,15:30

12日 まちくるパフォーマーズ仙台   藤崎一番町館前・ベルモーズビル前 (オーイズミさん・KaNaTaさんとご一緒)

19日 ベガルタ仙台ホームゲーム   17:30,21:00 (試合終了後)

27日 どくんごいらっしゃいパーティー 18:30開演 500円(1D付) 錦町公園 特設犬小屋テント ※マヤマ

30日 NHKカルチャー ジャグリング入門

 

変更・追加があれば都度更新します。

 

 

 

 

 

ご多分に漏れずフジロックの中継を眺めていたのですが、Anderson .Paakのパフォーマンス・スキルに圧倒されました。
音が流れ始めた瞬間からグルーヴィー。そのグルーヴから降りることなく観客を煽り、掴んだら離さないボーカル&ドラムのテクニック...

 

 

こちらはAnderson .Paakを知った二年前くらいの映像。いいですね。

 

 

 先日の仙台でのライヴを見たceroも、それはそれは素晴らしいライヴで、思わず終わったあと南部くんに「フジのcero見た?」とメッセンジャーを送ったら、「見た!良かったね!」とのこと。いやー、映像越しにも本当にあれは素晴らしいライヴでした。

 

 

特にオチなどもありません。そう簡単にオチなど求めてもいけない。
ではまた。

お知らせを3つ

「劇団どくんご」が二年ぶりに来仙。
錦町公園にて、初の四日間公演!
休演日には、仙台の演劇・舞踏が観られる「どくんごいらっしゃいパーティー」が。
マヤマで出演予定です!
たびたび話していますが、タゴマル企画をはじめ、私が最も影響を受けている方々です。向こうは知ったことではないでしょうが、こっちの勝手で影響を受けたり人生が変わったりすればよいと思います。あなたの土地のすぐ近くにも、どくんごは来ます。話は観てからだ!

劇団どくんご公演第32番『誓いはスカーレット』
会場
錦町公園 
特設テント劇場

8/25(土) 18:30開場 19:00開演
8/26(日) 18:30開場 19:00開演
8/28(火) 18:30開場 19:00開演
8/29(水) 18:30開場 19:00開演

チケット
前売・予約 2,500円

当日 2,800円
中高生 1,300円
小学生 500円

【休演日】

8/27(月)は休演日です
【チケット取り扱い】
せんだい演劇工房10-BOX/BOOK CAFE火星の庭/喫茶ホルン/うたごえの店バラライカ/多夢多夢舎中山工房
後援:仙台市

☆どくんご休演日は....『どくんごいらっしゃいパーティー』

8/27(月)開演18:30(開場は30分前)/終演20:00
料金:500円(ワンドリンク付き)
出演者:伊藤文恵/西瓜/マヤマ/和風レトロ(順不同)

 

 

 その翌週は仙台で「仙台大道芸 第三回 まちくるカーニバル」が開催!
仙台市中心部のアーケードに、日本全国からパフォーマーが集結。
ベテランパフォーマーにして、私も大好きな「シルヴプレ」さんをゲストにお招きしての、特別劇場公演などもあります。

こちらはゆるりと街へ足を運んでいただくだけでよいのですが(劇場公演はチケットをお買い求めください!)、もし、フェスに深く関わりたい・お祭りを作るのに関心がある、という方は、ぜひボランティアスタッフとしてご参加ください。
三回目とはいえ、まだまだ多くの方のご協力が必要です。

ご興味のある方は、要項をご覧の上、まちくる仙台までお問い合わせください!


仙台大道芸 第3回 まちくるカーニバル


開催日

2018年9月1日(土)・2日(日)
会場
クリスロード商店街/サンモール一番町商店街/ぶらんど〜む一番町商店街/一番町四丁目商店街/仙台駅ペデストリアンデッキ/仙台セントラルホール
主催
仙台市中心部6商店街 2018 合同企画実行委員会(名掛丁商店街・クリスロード商店街・おおまち商店街・サンモール一番町商店街・一番町一番街商店街・一番町四丁目商店街)/仙台市中心部商店街活性化協議会
お問い合わせ
まちくるパフォーマーズ仙台事務局(まちくる仙台内)
住所 〒980-0021 仙台市青葉区中央2-10-24 仙台市ガス局ショールームガスサロン 1階
TEL 022-395-610110:30~18:30(月曜定休)
FAX 022-395-6102
mail performers@machi-kuru.com
Twitter : @mk_performers
Facebook : https://www.facebook.com/machikuru.sendai
ホームページ : https://machi-kuru.com/performers

f:id:keisukeyuki:20180726221023j:plain 



そして、時期的には一番近いものの、関係性は特にないこちらを、そんなことは構わずに宣伝。


8月9日(木)に、アイドルグループ「THERE THERE THERES」一年半ぶりのワンマンライヴが恵比寿リキッドルームにて開催。

www.theretheretheres.tokyo


このグループ、正確に言えば前身のグループについてこんな記事も。
最高に面白いのでご一読を。。

jetsetloo.hatenablog.com

 

観なきゃわからない、などと言っては身も蓋もないのですが、世の中には、理由のない好奇心だけを携えて、人それぞれに駆けつけるべき場所がある。2018年の夏において、このゼアゼアのライヴがその一つであることを、15年のパフォーマー生命を賭して保証します。いや、前のどくんごのときも言ったなこんなこと。

しかし安い命だと思わず、行っていただくしかない。
激情もユーモアも哀しみも、それらすべてが等しく幸福に繋がる稀有なステージを必要とするすべての人が、THERE THERE THERESの名のもとに集えるよう。



てな感じで、お知らせでした。
それでは8月の予定も追って更新いたします。

7月の予定

ちょっと前に東京へ行ってまして、毎日なんやかんや観たので、それぞれ感想の一つも書きたいなと思ってるうちに、7月。
今年は上半期に新しいイベントが詰め込まれていたので、気忙しさのうちに時間が過ぎて、なんだか流れを掴みづらいですね。

 

 

さて予定。
一般公開のイベントが少ないですが、ジャグリング教室の見学等も、教室の方へお気軽にお問い合わせください。

日産事業の方では、こどもたちが夏休みの発表に向けて練習中。飽きたりやる気が出たり、長くお付き合いさせてもらったから分かることがたくさん。先生方、大変だったんだなと自分たちのことを顧みていたり。

 

 

12日 ジャグリング入門 NHKカルチャー

16日 名取市イベント  ※ホゴノプロフィス

26日 ジャグリング入門 NHKカルチャー

28日 ベガルタ仙台ホームゲーム 17:30,21:00 (試合終了後)

29日 紫神社祭典 16:30~17:00

31日 こどもの夢広場 ボレロ 12:20~12:50 ※翌日同時間はホゴノプロフィスとして出演

 

追加があれば、都度更新します。

 

 

 

 

 


気になるニュース。

 

fnmnl.tv

 

ロックバンドのライヴを見たいと思うことがめっきり減ってしまったけど、慎太郎さんは、めちゃめちゃに観たい。

あるばとろすvol.1 の余白に

 
上のツイートに始まるポストは、読んでの通り、ドッツさんの被災地訪問記とそのご感想です。
7年の時間ともなると、土地に住んでいる我々すら、そのインパクトを忘れかけているものです。

ファンの方のツイートでもお見かけしましたが、被災地には津波の高さを示すボードが設えられている場所があります。会場のあった塩竈市津波が押し寄せ、お亡くなりになられた方も当然いますし、商店街は復興のため、現在すっかり更地になっています。長きに渡って店を構えていた私の近い親類の店も、すっかりなくなりました。7年経って、天災の痕跡をとどめた土地が更新されようとしている、狭間のタイミングです。


今回、音響のオペレーションを担当してくれたひとり、えれぞうさんは震災当時、津波の押し寄せる多賀城のビルの屋上で一夜を過ごし、その8日後には慰問団体「仙台てっぱ会」を結成し、私とぽれぽれさんもそこに参加して、最初の一年で数十回の公演を各避難所などで行ったことは、過去の記事でも何度か書いておきました。


『あるばとろすvol.1』は、震災とは直接的には無関係ですが、震災という出来事の余波の一つです。そして、狭義に捉えても、今回のライヴは"被災地"での公演でもありましたし、お客さまがわざわざ足を運んで、その周辺で消費活動が行われたならば、"復興支援"であり、そもそも意識に上っていなくとも、"被災地訪問"だったのです。
だから、"善行"を施したのだ、と言いたいわけではなく、むしろ当事者、あるいは準当事者である私も、そのことを思い出しはしなかったということを、ドッツさんのツイートを介して、気づいた次第です。



これは先見の明を誇りたいわけでも何でもなく、少なからず被災地支援に関わった人間なら当時から誰しも予想していたことですが、「復興」の支援は長期戦の、ひどく"地味"なものになるだろうと思っていましたし、事実、現在は高齢者支援や、そもそも「復興」すべき具体的なヴィジョンのない街の再開発など、およそ多くの地方自治体が抱えているであろう問題に直面しており、大文字の「震災」の特有性は後景に遠のきつつあるのではないでしょうか。
「震災」とは何か、と問うたとき、視点を半身ずらしただけであまりにも多様な事実が重なり合い、一点への収束を拒んだまま、「「震災」とは何だったのか」とテーマが過去形にスライドしつつある今、いったい何に向き合い何を解決すれば「震災」の実態が分かったことになるのか、誰も知りません。今後も、決定的な答えは、おそらく出ないことでしょう。


しかし、誰かが、「震災」を思い出そうとしたり、知ろうとする力が働いたとき、私達もそれに並走して、確かに「震災」について何かを思い出したり、確認しようとするものでしょう。
私は、何度か訪ねた仮設住宅で、胸からぶら下げたご家族の写真を笑顔で説明して、パフォーマンスの場に同席させているんだと、会うたびにほとんど同じように説明を繰り返すご年配の男性のことを、おそらくは死ぬまで、こうして時たま思い出してしまうことでしょうし、ほとんど無限に思われるほど現れる、誰かがあの日亡くなってしまったことについての語りから、その光景を思い浮かべようとしてしまうことを止められないでしょう。そして、私自身も被った、想像もできないほどに非ドラマティックな震災の影響を、どのようにも消化できないまま、生活していくしかありません。



アイドルと震災、と結び付けられる何かが仮にあるとして、私が忘れられないのは、AKB48です。震災当時から月に一度、様々な被災地を訪ね、トレーラーステージで行われたパフォーマンスと住民との交流は、ドキュメンタリー映画でも見ることができます。
その映画で、現在もメンバーである峯岸みなみさんが、トレーラーステージの下にやってきた小さな女の子から花を受け取るシーンがあります。峯岸さんは、可能な限りステージに這いつくばって手を伸ばし、女の子から花を受け取るのですが、後日それを大きな後悔をもって、「どうしてステージの下に降りて受け取らなかったのか」と涙を流して語るのです。
私は、大げさに言って、この後悔が、アイドル、というより舞台に立つ者にとってのすべてだと、今でも思っているフシがあります。そのときその瞬間、どのようにして我々は正しく応答するのか。峯岸さんの後悔は、この"正しさ"を巡る後悔であります。

 


もしドッツさんが、ライヴを終え、そのまま帰路についても、誰もなんの違和感もなかったことでしょうし、かつて仙台を訪れて、「被災地」へ行かなかったアイドルさんにも、何一つ非はありません。しかし、「アイドル」という存在について誰よりも自覚的なドッツさんが、はっきりと「被災地」へ訪れたという出来事が、とても大事なことのように思わされました。そして、昨年に、はっきりと自覚的に被災地へ訪れたアイドルさんに3776さんがいたことも、なにか縁を超えた繋がりを感じてもしまいます。




勢いのまま書いているため、整理しづらく、何を言いたいのかはっきりしない記事になっているうえ、状況の変化と私自身が狭義の被災地支援から遠ざかっていることからも、どうしようかと迷いましたが、これもメモとして書いておこうと思いました。
しかしこれが、決して重い話というだけではなく、「私たちに何ができるのか」という無力感に苛まれるような問への、ささやかな希望につながる話だと思ってしまうのは、楽観的に過ぎるのでしょうか。

あるばとろすvol.1 終会しました!

f:id:keisukeyuki:20180609141605j:plain

f:id:keisukeyuki:20180609142138j:plain

f:id:keisukeyuki:20180609151335j:plain

f:id:keisukeyuki:20180609152607j:plain

f:id:keisukeyuki:20180609154033j:plain

f:id:keisukeyuki:20180609162204j:plain撮影:相澤正太

 

『あるばとろすvol.1』が無事終会しました。

昨年の夏頃、今年1月に開催したHOGONOEXPO ~Live Special!~となるイベントの企画が立ち上がった頃、いつもと方針を変えて好き放題のイベントにしようとして、代表の本郷が石川浩司さんを、そして自分が幾組かのアイドルさんをブッキングの候補を挙げ、そのなかにドッツトーキョーさんもいらっしゃいまして、飛び込みでメールを差し上げたのが、ことのはじまりでした。

しかし、その時は、どうしても都合が噛み合わず、お招きするに至らなかったのですが、運営の方と直接会ってお話させていただくうちに、もうこれは別の形でも実現させたいと思い、「多夢多夢茶会」の企画メンバーと、新たに小野健宏さんにお声がけしました。自分でも意外なほどみんな乗り気で話が進み、あれよあれよという間に"タゴマル企画"が本格的に始動、「多夢多夢茶会 その六」と「あるばとろす」企画の流れとなったわけです。皆が答えを渋っていたら、確実に3776さんもドッツさんも仙台にお招きできていませんでした。

そして、運と縁は続き、今回の会場である塩竈市杉村惇美術館をお借りできることが決まり、さらにそこへ豊富な機材とオペレーションを二人の年長の友人に協力していただけたこと、ギリギリで受付や撮影などのサポートをしてくれた相澤くん、そして、どこの馬の骨とも知れない私達の素人企画に快く応じてくださったドッツさんのご厚意と、非知ノ知さんにぽれぽれさんの出演、すべてがハマったことで『あるばとろすvol.1』は開催できています。

願わくばこのような幸運の磁場に、観客の皆様も巻き込まれて楽しんでいただけたなら、言うことはありません。


タゴマル企画は、具体的な次の予定を控えていませんが、実現を目指しているアイディアがいくつかございます。またお付き合いください。我々もより工夫を凝らして、帰ってまいります。

 

 

そして、最後に、私の個人的な"ヲタク"友達の皆さん、遠くから飛行機やバスを乗り継いで来てくれて、本当にありがとうございます。普段遊びに行くイベントに比して「クソイベ」になっていなければいいなと思います。この機会をきっかけに知り合った皆さんとも、またお話できるのが楽しみです。





で、息つく間もなく次はWJDinTohoku、そして劇団どくんごと続くぞ!といきたいところですが、KAATで公演中の"地点"による二本の芝居が気になっています。これはそのひとつ。

アイドルさんはもちろん、色々面白そうなものを見ておきたいですね。『犬ヶ島』も観に行かないと!


地点『忘れる日本人』


 

 

※あまり本題と関係ない追記

たまたま千葉雅也さんのこのツイートを見かけて、まさしく自分もそうそう、と頷いて、人文学的なアプローチではないものの、企画の基本理念はこういう部分だなあと思いました。

 

そして、飛躍してぱっと思い出した國分功一郎さんが『暇と退屈の倫理学』において使われているユクスキュルの「環世界移動」の概念もまた、同様に企画の根っこに噛んでいるもののひとつだなと。

どこかに移動するのはしんどく、わからないものは鬱陶しいけれど、なにかそういったものが抗い難く「侵入」し、「破壊的」に自分を変えてしまうことが、なんといったらいいか、私なりの"健康術"でもあるなあなどと思い浮かべつつ、同時に、國分さんや千葉さんのアイディアが、やはりいつの間にか私の中で血肉となっていて、何かを思惟するだけでなく、行動にまで影響を与えている側面があるのか、と気づいたりして。

どうということもない、走り書きです。