活動予定 2020

ヘブンアーティスト活動は新型コロナウイルス感染拡大防止のため4/12まで活動不可となりました。あわせて、施設方針につき19日の活動もキャンセルとなります。
以降の活動については各所より続報があり次第更新いたします。

 


一般公開の活動予定です。詳細はリンクよりご確認ください。

予定は急遽変更・中止になることもございますので、ご了承ください。

 

ご依頼・お問い合わせはkeisukeyuki87@gmail.comまで

 

 

【4月】

4/1(水)

代々木公園  噴水池前 13:00~15:00 

4/3(金)

代々木公園  噴水池前 13:00~15:00 

4/4(土)

渋谷キャスト ガーデン 12:00~14:00

4/5(日)

渋谷キャスト ガーデン 14:00~16:00 

4/8(水) 

上野恩賜公園 パークサイドカフェ側 14:00~16:00

4/11(土)

上野恩賜公園 パークサイドカフェ側 11:00~13:00 

4/12(日) 

代々木公園  原宿門 11:00~13:00

4/18(土)

上野恩賜公園 下町風俗資料館前 13:00~15:00 

4/19(日)

飯田橋セントラルプラザ みやこ橋 14:00~16:00

4/25(土)

赤塚公園 競技場前 12:00~15:00

4/26(日)

赤塚公園 競技場前 12:00~15:00 

4/29(水)

代々木公園  原宿門 12:00~14:00 

【3月】

3/1(日)

上野恩賜公園 蛙噴水 11:00~12:00
代々木公園 原宿門 14:00~16:00

3/7(土)

上野恩賜公園 すり鉢山 14:00~16:00 

3/8(日)

代々木公園  原宿門 13:00~15:00 

3/14(土)

渋谷キャスト ガーデン 14:00~16:00 

3/15(日)

代々木公園 原宿門 12:00~14:00 

3/16(月)

上野恩賜公園 スターバックス側 12:00~14:00 

3/20(金)

隅田川テラス吾妻橋 13:00~15:00

3/21(土)

赤塚公園 競技場前 12:00~13:00,14:00~15:00

3/22(日)

赤塚公園 競技場前 12:00~13:00,14:00~15:00

3/24(火)

上野恩賜公園 パークサイドカフェ側 13:00~15:00 

3/25(水)

渋谷キャスト ガーデン 13:00~14:00 
渋谷キャスト 大階段 15:00~16:00 

3/26(木)

代々木公園 噴水池前 12:00~14:00 

3/28(土)

代々木公園 噴水池前 12:00~14:00 

3/29(日)

代々木公園 原宿門 13:00~15:00 

3/31(火)

光が丘公園 けやき広場 12:00~14:00 

 

【2月】

1日(土) 西武池袋本店 睡蓮の池前 13:00~15:00

2日(日) 上野恩賜公園 五條天神前 14:00~16:00

8日(土) 光が丘公園 けやき広場 12:00~13:00,15:00~16:00

11日(祝火) 西武池袋本店 睡蓮の池前 13:00~15:00

15日(土)光が丘公園 けやき広場 13:00~15:00

23日(日) 代々木公園 原宿門 11:00~13:00

24日(祝月) 光が丘公園 けやき広場 13:00~14:00,15:00~16:00

26日(水) 上野恩賜公園 五條天神前 13:00~15:00

28日(金) 上野恩賜公園 すり鉢山 14:00~16:00

 

【1月】 

2日(祝木) 亀戸2020 スポーツ灯籠ライトアップ&お正月大道芸

4日(土) 光が丘公園 けやき広場 13:00~15:00

10日(金) 上野恩賜公園 五條天神前 13:00~15:00

12日(日) 代々木公園 原宿門 12:00~14:00

13日(祝月) ヘブンアーティスト in 渋谷 ※空転軌道

18日(土) 上野恩賜公園 蛙噴水前 11:00~13:00

19日(日) 代々木公園 原宿門 12:00~14:00

25日(土) 新宿子ども劇場「音と空間のジャグリング」※空転軌道

26日(日) 代々木公園 原宿門 12:00~14:00

膝をつくマイアミ

 

 

上のツイートは、ミネアポリスの警官デレク・ショーヴィンによるジョージ・フロイド殺害から再燃しているBlack Lives Matterの運動のなか、抗議に駆けつけた市民*1へマイアミ警察署員がニーダウンによって示した差別への抗議*2の姿です。

 

恥ずかしながら政治に疎く、どう思っているかは別に、そうした発言をすることも趣味ではない(まさしく"趣味"の問題でしかない)ので、これ以上アメリカの情勢にコメントするわけではありません。が、言うまでもなく構造的・直接的差別はあってはならないが、警察権力によってそれが暴力として顕在化し、またアメリカ大統領が、戯言をもって抵抗勢力とその他を分断しようとしている、最低限の状況認識くらいは持ち合わせています。

 

また抵抗勢力の略奪行為や現下の状況については、以下の記事から知見を得ました。

 

 

略奪行為の擁護論jfissures.wordpress.com

 

miyearnzzlabo.com

 

とにかく、外野が白か黒かの二元論でことを単純化・矮小化して「平和的解決を」などと言ってみたところで何よりも虚しいのは自明です。

 

しかし当然、こうした緊張状態は解決へと向かわねばなりません。最終的に「敵」が殲滅されるわけでも、それが望まれるわけでもない。そのなかで、マイアミ警察署員たちのニーダウンが(それがもしかしたらお為ごかしに過ぎないかもしれないという不安はありつつも)、圧倒的な説得力を持ったこと、連帯の意志が"身振り"によって、千万言を尽くすよりも明瞭に現れることに、有り体に言って感動しました。

 

あるタイミングで、人はどう振る舞うべきか。私とあなたは敵ではない、私とあなたの非対称性をどのようにして埋められるか、あるいは埋めようとしてることが伝わるか。

 

私はアメリカに行ったことがないけれども、アメリカで作られた映画に深く影響を受けています。昨日90歳を迎えたクリント・イーストウッドスティーブン・スピルバーグに、何よりもジョン・フォードの映画の中で、誰かの死に向き合うとき、切実な何かに対峙するとき、映画の中の彼らがどのような身振りでそれを行ったか、その影が今日まで私に伸びていることを意識しないことはありません。

 

願わくば、身振りによる敬意が表れること、そしてその敬意を正しく受け取ることができるよう。

 

*1:トランプ大統領が引用したマイアミ警察署長ウォルター・ハドリーの「略奪が始まるとき、銃撃が始まる」への直接的抗議でもあるのでしょうか

*2:日本語のツイートで「謝罪」とされているものがいくつかありましたが、アメリカンフットボールの試合中の出来事から派生した仕草(

https://bit.ly/2zWdysh

)で、「差別への抗議」というニュアンスが強いようです。謝る主体としてのマイアミ警察としてではなく、同じ市民としての連帯を示した形とみます

NILKLY配信を見てのメモ

youtu.be

 AqbiRec所属のアイドルグループ「NILKLY」が結成一周年を記念した生配信を行いました。見たのはダンスパフォーマンスパートだけですが、ひさしぶりにアイドルの"ライヴ"の力強さに、素朴に感激しました。。

 

ところでこの配信、衣装ではなくレッスン着のようにラフな服装でパフォーマンスされているんですけど、衣装ではないからこそダンスの線がはっきりする部分もあって、それも興味深かったのです。以前、コンテンポラリーダンサーの勅使川原三郎さんも「練習風景」と題した動画で、ジャージ姿で踊っているのがかえって生々しく、妙に印象深くもあり。

 

www.youtube.com

  

しかしそれより思い出すのはやはり、「ダンス・プラクティス」動画でしょう。普段カット割で映らない振付の全容が見られる機会として、またファンにとってはオフショット的のリラックス(してるにも関わらずキレキレだったりすることで技巧に惚れ直すなど)してる様子もたのしめる企画です。

 

www.youtube.comやはり三浦大知さん、すごいっすね。

 

 

で、NILKLYの配信ではさらに具体的に連想したものがあって、それがこちら。

www.youtube.com

 

K-POPアーティスト「BLACKPINK」のダンス・プラクティス動画*1 です。うえの三浦さんの動画と違い、かつNILKLYと同様なのは、カメラが動くこと。タイトルにも"Moving"とあります。その動きは大胆な前進・後退をベースにしたカメラワーク。このカメラワークは、ほぼパフォーマンスの構造とは無関係に、カメラの動きだけ際立たせて、ともすれば単調になる1台のカメラによるフレームを揺らし続けて生々しさを失わないように務めているかのようです。

 

しかし自律的なカメラの動きは、カメラを操作するオペレーターに意識が向かざるを得ませんから、一見すると目障りに見えるときもあります。NILKLYの配信も、最初は少しカメラの動きが気になっていたのですが、気づくとカメラの動きを忘れてしまっているときがある。こうした没入感の高まりをふしぎに思いましたが、さきのBLACKPINKの動画と比べれば、すこしその理由がわかった気もします。

  

BLACKPINKのダンスプラクティス動画*2では、カメラはほとんどクロースアップを選びません。なぜならこの動画ではメンバーの振り、あるいはプロポーションこそがもっとも見せるべき対象であるからでしょう。とはいえ、固定のカメラだけでは味気なくもある。こう考えると、前進・後退するカメラの動きは、映すべき対象を捉えつつも、あくまでも画面を退屈なものにさせないためにある戦略であるといえます。



いっぽう、NILKLYの動画では時に振りやプロポーションの視認性を犠牲にしたクロースアップがしばしば訪れます。ごく単純に比較した結果から得られものを確認するなら、前者で優先されたものが犠牲にされることで、われわれが「アイドルのライヴで見ているもの」が浮かび上がります。それは小規模なライヴハウスの視界のシミュレートであり、かつ、われわれがアイドルの表情を重視している、という当たり前ではあるものの、なかなか映像で再構成しづらい要素です。


またクロースアップは、あらかじめ与えられている前進・後退のリズムのうちで半ば偶然的に発生する(かのようにみえる)のも見逃せません。こうしたリズムの存在によって、カメラがその表情へと寄り切ってわかりやすい意味へと落ち着かせようとするまえに、スッとそこから離れてしまう。常に微妙な距離が担保され、カメラは必ずしも、アイドルの表情がもたらすエモーショナルな見せ場に同期しきるわけではありません。しかし逆説的に言えば、この距離の押し引きがあるからこそ、視聴者はアイドルの表情との出会いを果たすのではないでしょうか。
今回の配信で使われた「ダンス・プラクティス」ふうのカメラワークは、単調さの回避以上に、機械的な反復運動によってメンバーのパフォーマンスを、より積極的に生々しく捉えることに成功している例でしょう。つまるところ、配信がライヴの次善手段ではなく、じゅうぶんにパフォーマンスの快楽を得られる手段として成立しているようにも思います。

 

 

と、だいたいこんなようなことを考えてましたら、ディレクターの田中さんが配信についてコメントしている動画が配信されました。現場至上主義に疑義を呈しています。「気持ちが乗っかる」という言い方で、映像も現場もそれぞれに変わりない面白みがある、という話です。

youtu.be

 

 

ごく個人的な話で結ぶと、映画が好きということもあるし、そもそもごく初期のジャグリング体験のほとんどが映像であったこともあり、生の現場だけがほんとうに素晴らしいのだ、とは思いきれないのが、この状況でまた浮かび上がってきています。パフォーマンスの経験にだけ限って言えば単に別なメディア、というだけです。映像ではわからないこともあれば、生ではわからないこともある。そういうだけでは面白くともなんともないので、いまは生ではわからないことを積極的に楽しみたいなあ、と、そんな具合でひとまず締め。

*1:とくにK-POPでよく見られるコンテンツです。K-POPファンの方のブログによれば、これが広まっているのは偶然の産物であるよう。https://ameblo.jp/kpopknowledge101/entry-12455993366.html

*2:とはいえ、今回改めて調べると、ほんとうにいろいろな形の映像があることがわかりました。単純にライヴ感を与えるだけではないさまざまなデザインの志向性が伺えます。簡単にリストにまとめたので、よければ。https://www.youtube.com/playlist?list=PLz4921MXpetCKs2LoNeLezgJOewZEisL7

ゲームにハマりだしてしまった

ゲームをやっています。

 

ポケモンGOはリリース当時から昨年秋頃まで続けていたり、完全にやってなかったわけではないのですが、およそ20年ぶりに意識的にゲームをしています。大まかなきっかけはこちらに書いています。

 

ここ3週間ほどでだいたい7〜8本のソフトをプレイして、実況動画にレビューサイトもそれなりにチェックしている状況は、アイドルとは比べられないものの、久々に"ハマりたて"の感触です。プレイしたソフトは、どれもさすがに新鮮で、かつオススメと勘に従ったので面白く(『デス・ストランディング』だけは数時間さわって放棄中。)、なかでも『Red Dead Redemption 2』は素晴らしかった。

 

いや、正直にいえば、あまりに操作しづらいのと、一向に雪山から進まない閉塞感、かと思えばチャプター開けての極端なまでの自由度に、何をどうしていいやら。馬と無辜の人々がずいぶん死んだものです。で、少し置いておいたくらい。最後までプレイしないのでは...と思ったけれども、勘所を掴みはじめ、チャプター3のクライマックスまでくれば、アウトローたちのドラマに目を見張らざるを得ませんでした。ことに、タランティーノの影響も濃い襲撃シーンは、悪の魅力がこれでもかと溢れて漂い、屋敷へと向かう一本道をギャング団が横一列に並ぶ後ろ姿には、これだよ!と快哉を叫ぶなど...

 

個人的な好みも相まって、ストーリーの魅力も素晴らしいのですが、ギャング団のリーダーに忠誠を誓う主人公が少しずつ葛藤を見せるにしたがって、プレイヤーもまた、いくらか自棄になりかけるのに気づきます。
そう、最初に書いたように、このゲームでは盗みはおろか、仲間以外のあらゆる人物・動物をほとんどいつでも任意に殺してしまうことが可能なシステムになっています。明確な殺意がなくとも、うっかり馬で轢き殺してしまったり、ボタンの操作を過てばショップの店主の頭を撃ち抜いてしまうことすらある。


それは、もちろん単に私のプレイヤースキルの極端な低さによりますが、多くのユーザーが共通認識的に感じてもいる操作感の鈍さから、いくらか、ほんのいくらかはそうしたアクシデントによる「死」が、いかにも軽く訪れてしまうようデザインされてはいまいか、と勘ぐってさえしまう。なぜなら、そうした「死」は、すぐさま主人公の「死」をもって贖うことになる。法執行官に賞金稼ぎは、驚くほど簡単に主人公の命を奪ってしまう。また、何もしていなくても強盗に遭う。あらゆる人間が平等に奪い、奪われる無法地帯の軽さのなかで、主人公≒プレイヤーは生き延びねばなりません。
いっぽう「名誉度」なるゲームプレイ上のファクターが、主人公を善行に差し向けます。強盗よりも多く、道中には様々な困りごとに苛まれたキャラクターが現れ、メインイベントを留保しても、彼ら彼女らを助けてあげることが、しばしば起こる。もちろん、助ける必要はほとんどなく、彼ら彼女らからも直ちに金銭、命を奪うこともできる。

 

私も基本的には善行を施す方向で進めていました。(殺すのは縛りプレイとしてでもなければ、実は単調なプレイになってしまうのです)が、先にふれたように、メインストーリーで展開される葛藤の果てに、いくらか自棄になるのです。善行を施すことの無力さを時たま感じさせずにはおかない。酒場でも荒らしてやろうかと、一瞬、何もかもどうでもよくなる。私と主人公の感情的な同期に気づいたとき、おどろくほどの自由度があたえられたゲーム内世界と、ストーリーで絞られていく物語の筋とが、分かちがたく結びついてきます。私は自由だが、自由さゆえに、自由を奪われつつある。この気付きで、ゲームの面白さに出会い直したといっていいかもしれません。

  

物語を最後まで追うことは避けますが、主人公の背負う運命の哀切きわまること、彼が尽くすリーダーの、ごくごく微妙に積み上げられては後戻りできなくなる変節と弱さの描き方の複雑さには唸らされます。そしてメインストーリーの最初と最後がきれいに対応する関係になっている構成の妙とダイナミズム...これがもしドラマだったらば、もしや『ブレイキング・バッド』にすら比肩するのでは、と思ってしまうほどの満足度です。

 

だがまあ時間を使うこと使うこと...はじめたばかりの『ウィッチャー3』をクリアしたら一段落か、と考えてはいるものの、できそうもない『SEKIRO』も気になるし、ハードが手に入らないとはいえ『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』『スプラトゥーン2』もいちおう触っておきたい。

マヤマは7年間、何を考えて制作してきたのか

note.com

 

販売スタートから、さっそく購入・サポートを頂いております。ほんとうにありがとうございます。

 

しかしいっぽうで、静かなすべり出しであることも事実。わかってはいましたが、すこしばかりさみしい。そもそも露出が少ない・なんとなくわかりづらい、という感じでしょう。露出が少ないのは今後の課題として、わかりづらいところをちょっと補っていこうじゃないかとキーボードを叩く次第です。
とはいえ、結局ややこしい話ではあるかもしれないので、もっと早わかりの動画も最後に貼ります!

 

 

ジャグリングと音楽

マヤマはミュージシャンの南部大地を誘って結成されたユニットです。おのずから、ジャグリングパフォーマンスに音楽を使う、ということに自覚的になっています。なんでジャグリングパフォーマンスに音楽を使うのか批評的に見ている、といってもいいかもしれません。そして、ふたりの「身体」が音を鳴らし運動を描いている事実にも、もちろん目を向けています。お約束ではなく、それが作られている前提を疑いつつ、自分たちの実感に根ざして進んでいく...こういい切ってしまうと、とたんに理想論に近づいていくので、あわてずお話します。

マヤマにとってジャグリングと音楽の関係は多くの場合(本編でいうとno title_1,2のパフォーマンスは違います)"ズレ"を意識しながら構築しています。ふたつの関係が"ぴったり"しすぎないように、設計します。しかし、"ズレ"とはなんでしょうか。その話に行く前に、むしろ"ぴったり"することについて、映像作品で例をあげつつ説明します。

 

同期する

たとえばダンス。特にダンスバトル。これらを見たことのある方は、"音ハメ"という概念をご存じかと思います。DJが流す音源に、即興的に反応して、歌詞やビート、あるいは音が鳴り止む瞬間をとらえて、なにかムーブをキメること。これがうまく決まれば、観客は盛り上がります。反射神経の良さが、音楽との「同期」によって証明される形です。
ジャグリングパフォーマンスでも、同様の考え方があります。ダンスバトル的なとらえかたもありますし、フィギュアスケートのプログラムのような、流麗さの中にアクセントとなるような「同期」がみえることによって、より豊かな表現になる、という考え方。

ところで、音と運動が「同期」するとはどういうものかについて、われわれはその極北ともいえる例をよく知っています。 それがこちら。

 

www.youtube.com

 

そう、いわゆるディズニーアニメなどで見る、動きと音楽がピッタリと合っているこれ。すなわち「同期」モデルです。劇伴のコミカルなメロディーに、掃除を手伝うリスのしっぽがほこりをはたくリズムがアクセントとなって加わり、非現実的な世界の強度を高めています。音楽と運動の「同期」には、夢見心地な、非現実的な世界の輪郭を太くするような効果があります。

ですが、逆を言えばリアリスティックな表現でディズニー作品のように音と映像が「同期」するスタイルを使ったとすれば、想像するにこっけいな印象を催すでしょう。あまりにぴったりと合ってしまうことは、なにかおかしい。そう、そして「同期」のこっけいさは、現代ではこんなおふざけも生んでいます。

 

www.youtube.com

これは、Perfume「レーザービーム」をインド映画『Ashok』のダンスシーンに合わせて"シンクロ"しているさまを楽しむ遊びです。

 

元動画

こうしたシンクロムービーはさまざまなバリエーションをもっているだけでなく、試しに自分で適当な音楽を選んでかけてみても、けっこう"合ってみえる"ものです。だからこそ、その"合ってみえる"ことの組み合わせの妙が見えたとき、とりわけ大きな効果を与えるのかもしれません。


非同期から亜同期へ

他方、音と運動が全く合っていないもの...いわば「非同期」モデルもあるはずです。
はずです、というのは、今言ったように、たいていの音と運動は"合ってみえる"ため、その例を探すのは、「同期」モデルに比べて簡単ではない、といいたいところですが、我々はその非常にレアなケースをつい最近目の当たりにしています。

 

 

この圧倒的「非同期」に、初見のときはおもわずのけぞってしまったほどですが、批判されているそもそもの市民感情との"ズレ"もあいまって、ひじょうに高度な達成を得てしまった形です。

 

  

こうして、いくつかの極端な例をあげましたが、概ねはこの極端と極端の幅の合間で音と運動は、同期と非同期のバランスを"自然に"保っています。そう、ふだん私たちは音楽と運動の関係をまったくといっていいほど意識しない。パフォーマンスはもちろん、映画であれテレビであれ、どんな音楽がかかっているか気にすることはあっても、その関係までは気にしないものです。通りがかったドラッグストアの店内で何が流れていたか、マクドナルドで何が流れていたか、いや、そもそもなぜこの音楽は流されているのか、そんなことをいちいち考えていては身が持ちません。"そういうもの"でしかない。*1
ですが、ある表現はそうした無自覚さにいくらかの批評性を持たねばならない、と思います。批評性の向け方はさまざまですが、マヤマはこの音楽と運動の関係を、どちらかといえば「非同期」的方向で捉えていました。最初に制作した「b.a.p」などは、ジャグラーとミュージシャンのお互いが、本来的には無関係であることをつよく強調した傾向があります。が、「非同期」は徹底すれば単にバラバラというだけです。やはり「同期」といくらかのバランスを保たねばならない。けれども、感触としてはディズニーのような方向でもない。

ということで試みに、マヤマの音楽と運動を捉えるスタイルを「亜同期」的スタイルと呼んでみることにします。くっついているわけでも、はなれきっているわけでもない。別な仕方での同期。あるいはズレ方に、表現すべき必然性ともちろん快楽を感じているのです。

 

www.youtube.com「b.a.p」では参照先をリストにしてまとめてあります。
手探りで進むとき、これらを緒に考え、南部くんにも勘所を伝えていました。



もちろん「亜同期」的なものは、我々の発見ではありません。菊地成孔さんの『服は何故音楽を必要とするのか?』ではファッションショーのウォーキングと音楽の非同期的なありかたに優雅さを見出したり、(リストから削除されてしまった)『ロシュフォールの恋人たち*2のあっけらかんとしたズレの清々しさなど、すでにして拓かれた道筋でもあります。


 

おわりに


しかしながら、どうして亜同期的なものがジャグリングパフォーマンスにおいて、また私にとって切実な問題なのか、充分に言葉にできないあやふやさを含んでいます。ただわかるのは、そういう方向からでないと、ジャグリングについて考えることができなさそうだという抜き難い実感が先行するのみです。これがおもしろいのかそうでないのかは、観客と時間がすべてを判断することです。
ただコメンタリーでおふざけの自画自賛を繰り返しつつも、自分ではまあまあ気に入っているものばかりです。

 

なかなか買うまでには至らないものですが、不明な好奇心に動かされる方が増えるのを待ちます。アーカイヴはなされ、文通はまだ続きます。いつご覧いただいても、大丈夫です。
もし見てになにか言葉にできそうなことがあれば、それはインターネットにでも放流していただければ幸いです。



で、本編はこんな感じ!という動画です。
参考にしてくださいな〜。

youtu.be

 

*1:ピアニストのキース・ジャレットはホームセンターで買い物しているときに流れている音楽があまりに醜いので店員に気にならないか尋ねてみたり、坂本龍一も常連のレストランのBGMが気に入らないとして自分で選曲したり、さすが音楽家は音楽に意識的にならざるを得ないようです。

*2:友人の真山さんと話していて思い出した。多謝。

マヤマが動画を販売します

note.com

 

大事なことなので2回、というやつです。

 


この企画はnote開始以前からうっすらとスタートしており、1ヶ月半かけて着地しつつある現況です。
個人的にはコロナウイルスの(一次的)流行の過程でうまれる流れの記録のようなつもりでも、やっておりました。noteもその一部というかんじです。noteは別の職場に就いてから更新頻度が減るなど、そうした生活の変化も反映されていたりします。

 

動画については、バズったり、ステイホームで楽しもうとかだったり、あまり関係ないものになっていますが、マヤマでできることはこれかな、という確信にはたどりつけた気がしています。

 

ところで動画パフォーマンスの内容は、いわば小品をめざして制作しています。けっこう地味だと思う。(もとより地味を志向しがちではある)その理由はnoteにも書いたとおり。どう受け取られるかはわからないとはいえ、そうすべきであると判断した結果です。

 

 

www.hayakawabooks.com

 

そして、この労作というべき記事で提出されている「ディスタンス・アート」という枠に連なるものになりました。ただおそらく、良し悪しは別として、ここに含まれていない方法論で行われている制作でもあります。

 

しかし文中にある星野・安倍のコラボ動画について、記事中にあるのと同様の話を南部くんなどにもしていて、じつは今制作のインスピレーション源のひとつであったりもします。音楽と映像(運動)は、どうにかして"つながってしまう"ものにも関わらず、星野・安倍動画には信じられないほどの非同期/断絶があり、期せずしてスリリングという皮肉なものに仕上がっています。


なにかとレファレンスをだすのが好きなので、別記事でそういう話をしようかな。

 

 

では、販売スタートしたらまたお知らせします。

散歩

晴れたので散歩に出た。目的地を、行ったことのない場所に定めて電車に乗った。一度の乗り継ぎをへて移動は30分程度。駅を出るとなだらかな坂が左手に向かって下っていた。駅は坂の中腹に位置していた。地理的教養がないどころか、方角感覚も危ういので、引き出せる情報は少ない。それは地図、Googleマップを開いたところで変わらない。散歩といいつつ、古書店巡りに目的を変えてしまったので、それはもはや散歩の資格を欠いている気もするが、差し当たって問題はさっそく道を誤ったことだ。だが無用の通りを歩いたことで事後的に散歩は叶えられた。大学生の街らしくそれらしい若者が多い。「男なら歌え!」という、時流に逆らった、あるいは逆手に取った誘い文句が書かれた看板が門前にかかっている。もし私がこの大学を卒業していたら、この道を毎日歩いたことを今思い出しているのだろう。本流に戻り、坂を登るかたちで古本屋を巡った。黴臭い古本屋、清潔な古本屋、老婆がうつらうつらしている古本屋、親子で値付けをしている古本屋、常連が昔話をしている古本屋、それをあいまいに受け流す古本屋、銀行員が商談を持ちかけている古本屋、本で道がふさがって本が見られない古本屋、そのほとんどの古本屋でラジオが流れている。どこかの通販会社では、70万円分の辞書と近代文学が何十冊だかが入った端末にエネループをつけて23,800円で売っているらしい。

「すいません、これ著者署名入なんですけど…ここ書き込みがあって、これ〇〇さんの書き込みですかね?」「あー、うーん?」「買取先が、、名前忘れたけど結構有名な方で、その人だったら署名入でも書き込むかなあ、でもこの字〇〇のですかね?」「こんな字と言われればこんな字かーってなるけど、これは違うんじゃないかなあー」「ですかね」「……」「今朝これ流れてきて聴いてたんですけど、変な歌で、嫁と子供も反応してたんですけど、いいっすよね」「あーこれ、当時〇〇のアルバムに入ってて、これはそのカバーだね」「マジっすか、あ、本当だ。オリジナルは〇〇だって」「で、それを〇〇が番組でカバーしてたのがあって、YouTubeで見たんだけど…あ、まだ見れるんだ。これ」「これっすか。〇〇が干されちゃう前か。何年前だろ?」「〇〇のすぐ後だから2013年ころかな。」「カバーっていうかモノマネすね。モノマネうまいすね」店内は整理されて、ところどころアメリカ製らしい人形などの小物が飾ってある。洋書も揃えて、近刊の文学書も棚に並ぶ。しかし会話に気を取られてしまって、なんの本があるのか、それ以上はそぞろな気分で眺めてしまい、そのまま店を離れた。

そうして坂を下っていく。けっこう歩いたから、薄手のコートでも暑くなってボタンを開けて前を開いた。脇道に目をやるとマンションがある。脇道の都度、マンションがみえる。真っ昼間ということで生活はみえづらく、マンションがある。もしかするとマンションすらないのかもしれない。その道は、今このときも歩かず、また今後も歩くことはないかもしれない。そう思うと、引き返して歩いてみたほうがいいかもしれない。でもそうしない。そうするときもある。